鶴見区障害者地域活動ホームもとみや

下町情緒を残こす、歴史ある鶴見市場の街の中で、力いっぱい活動しています!

~目指すもの~
「その人の個性を尊重し、地域に根ざした生きがいのある生活を支援します。」

沿革
1986(昭和61年) 6月 設立委員会発足
1991(平成 3年) 2月 竣工 鶴見区障害者地域活動ホームもとみや 開所式
1996(平成 8年) 4月 機能強化型活動ホーム
1997(平成 9年) 4月 地域作業所 虹 開所
1999(平成11年) 4月 地域作業所 ウィズ 開所
2003(平成15年) 4月 支援費制度に移行
2006(平成18年) 4月 障害者自立支援法 移行(障害者デイサービス事業)
2007(平成19年) 2月 NPO法人 もとみや 設立
同年          4月 障害者自立支援法(地域活動支援センター)
2011(平成23年) 4月 生活介護事業 開始
同年         10月 NPO法人げんき 設立 ※活動ホーム3館 連結連合
・             (鶴見区:もとみや、港北区:しもだ、ともだちの丘)
2013(平成25年) 8月(鶴見区:活動ホームふれあいの家、地域作業所友愛の家連結連合
同年         11月 港北区グループホーム3館連結連合
2015(平成27年) 1月 港北区グループホーム2館連結連合              2018(平成30年) 3月 ふれあいクローバー . ともだちの丘スマイル開所(作業所型) 2019(令和元年) 10月 虹.ウィズ.友愛の家.ふれあいクローバー.コスモス工房.ともだちの丘スマイル          (6館:作業所型から生活介護事業へ移行)

障害者地域活動ホームとは

障害がある方の地域での生活を支援する拠点施設です。横浜市独自の制度として1980年からスタートしました。障害当事者・家族、地域が主体となって運営を行い「幼児から大人を対象とし、年齢や障害の種別・程度を問わない活動の拠点、サービス提供の場」であることが最大の特徴です。主なサービスとして、日中活動事業(デイサービス事業、障害福祉サービス事業)のほか、生活支援事業(一時ケア、ショートステイ、余暇活動支援)などを実施しています。また、障害者地域活動ホームは施設規模等により次の2種類に分類されています。
① 機能強化型障害者地域活動ホーム(強化型)
② 社会福祉法人型障害者地域活動ホーム(法人型)

活動ホームもとみやは、機能強化型障害者地域活動ホーム(強化型)です。

お知らせ